PAGE TOP

ブレインメールソフトウェア使用許諾契約(OEMサービス)

ブレイン株式会社(以下「弊社」といいます)は、利用者に、本ソフトウェア使用許諾契約(以下「本契約」といいます)に基づいて、メール配信用ソフトウェア「ブレインメール」OEMサービス(以下「本ソフトウェア」といいます)を使用する権利を下記条項に基づき許諾します。利用者は、本契約に同意した場合のみ本ソフトウェアを使用することが出来ます。利用者が本ソフトウェアを使用した場合は本契約に同意したものとみなします。

第1条(目的)

  • 本契約は、本サービスを円滑に稼働させることを目的とする。

第2条(使用許諾)

  1. 弊社は、本契約記載の条件に従い、弊社の提供する本ソフトウェアおよびその付帯著作物の日本国内における非独占的な使用権を利用者に許諾する。
  2. 利用者は、前項に従い、弊社指定のサーバー(以下「本サーバー」という。)に本ソフトウェアをインストールして使用することができる。
  3. 利用者は、本契約記載の条件に従い、弊社の定める範囲内で、自己利用を目的として本ソフトウェアを利用する者(以下「利用者」という。)に本サーバーにアクセスさせる方法により、本ソフトウェアの日本国内における非独占的な使用を再許諾(以下「本再使用許諾」という。)することができる。

第3条(知的財産権の取扱い)

  1. 本ソフトウェアに関する著作権等の知的財産権は弊社に帰属しており、その知的財産権は利用者に移転されない。
  2. 本ソフトウェアは日本国内外の著作権法および著作者の権利・これに隣接する権利に関する諸条約ならびにその他の知的財産権に関する法令(以下「関連法令」という。)によって保護されており、利用者は本ソフトウェアに関して適用される関連法令を遵守する義務を負う。

第4条(利用者の商標の使用)

  1. 利用者は、利用者に本再使用許諾によるサービスを提供するにあたり、利用者の商標を利用するものとし、弊社の商号・商標を利用してはならない。
  2. 利用者は、前項に拘わらず、利用者が本ソフトウェアの著作者または著作権者であるとの表示をしてはならず、そのような誤解を招くことのないように十分注意しなければならない。

第5条(利用料金)

  1. 利用者は弊社に対して、本サービスの初期費用および月額費用として,別途注文書において定める金額を支払うものとする。なお,初期費用は利用開始希望日までに、月額費用は翌月利用分を前月末日までに弊社の指定する銀行口座へ支払うものとし、振込手数料はいずれも利用者が負担するものとする。
  2. 利用者および弊社は、本条に定める利用料金に本サーバーの設置および利用に関する対価が含まれることを確認する。

第6条(保守サービスの委託)

  1. 利用者は弊社に対し、以下の各号に定める範囲の本ソフトウェアの保守サービス(以下「本保守サービス」という。)を委託し、弊社はこれを受託する。
    1. (1)本サーバーおよび本サーバーへの回線環境の提供。
    2. (2)利用者の顧客が本ソフトウェアを使用するにあったってのアカウント(ID)の発行。(別途費用)
    3. (3)「弊社メール」の一般的あるいは技術的な質問への回答。
    4. (4)リモート接続(SSH)による月3時間までの障害対応。
  2. 以下の各号に定める事項は、前項に定める本保守サービスの対象範囲外とし、それらを行う必要が生じた場合は、両当事者間で別途協議する。
    1. (1)前項で定める本保守サービスの範囲外の保守。
    2. (2)第7条で定める保守時間外の保守。
    3. (3)利用者以外の第三者(利用者を含む。)に対する保守サービスの提供。
    4. (4)サーバー1台当り、1時間3万通以上の配信による不具合または同時に20名以上の利用者による配信による不具合の保守。
    5. (5)送信エラー比率が5%を超える配信対象に関する不具合の保守。
    6. (6)携帯メールアドレス宛の配信不具合に関する保守。
    7. (7)本ソフトウェア以外のソフトウェア、ハードウェアの不具合の保守。
    8. (8)利用者または第三者の故意、過失または不適切な使用に起因する不具合に対する保守。
    9. (9)弊社以外のものが本ソフトウェアまたはハードウェアに対して実施した移動、修理、改変、改造、分解に起因する不具合の保守。
    10. (10)電気的ノイズ、公衆回線障害、その他外的要因で生じた不具合に対する保守。
    11. (11)天災地変等、その他の不可抗力による不具合に対する保守。
    12. (12)本サービス以外の操作や技術的な質問に対する回答、またはそれらに起因する不具合の切り分けと対処。
    13. (13)データおよびプログラム等の復元または修復。
  3. 弊社は、本保守サービスを第三者に再委託し、実施させることができるものとする。

第7条(保守時間帯)

  • 本保守サービスは、以下の時間帯の内、両当事者間協議のうえ決定した日時に実施する。
  • 保守時間帯:月曜日〜金曜日:10:00〜19:00(但し、弊社および弊社の委託先の休業日は除く。)

第8条(禁止事項)

  1. 利用者は、以下の各号記載の行為を行わないものとする。
    1. (1)本ソフトウェアを複製すること。
    2. (2)本ソフトウェアを改変し、リバース・エンジニアリング、逆コンパイルまたは逆アセンブル等のソースコード解析作業を行うこと。
    3. (3)コンピュータウイルス等有害なコンピュータプログラムの配布、フィッシング、事前に配信許可を得ていない電子メールアドレスに対しての送信行為。
    4. (4)出会い系、または猥褻な表現等を含む内容での送信行為。
    5. (5)ねずみ講またはチェーンメールに該当する内容での送信行為。
    6. (6)法律、法令もしくは条例に違反する行為。
    7. (7)利用契約が成立していない第三者へのIDおよびパスワードの貸与、譲渡。
    8. (8)弊社の運営を妨げる行為、またはその恐れのある行為。
  2. 弊社は、利用者が前項各号の何れかに該当すると判断する場合、自らの判断により本サービスの提供の全部または一部を中断または中止することが出来るものとする。

第9条(データの削除・滅失)

  1. 弊社は、以下の各号の何れかに該当すると判断した場合、本サーバーに記録されているデータの全部または一部を削除できるものとし、利用者はそれを了承するものとする。弊社は本項に基づくデータの削除について何らの責任も負わない。
    1. (1)利用者が本契約に違反した場合。
    2. (2)利用者と第三者との紛争により、または第三者から弊社に苦情申出がなされ、弊社が損害を被る、またはその恐れがある場合。
    3. (3)記録データ量が本サービスが設定する記憶容量を超える場合またはその恐れがある場合。
    4. (4)本契約が終了した場合(終了原因の如何は問わない)。
  2. 利用者は、本サーバーおよび本ソフトウェアで使用するデータおよびプログラムの有効なバックアップ、コピーを常に保持するものとし、弊社はその滅失、改変、毀損について何ら責任を負わないものとする。

第10条(サービスの中断)

  1. 弊社は、以下の各号の何れかに該当すると判断した場合、自らの判断により本サービスの提供の全部または一部を中断または中止することが出来るものとする。
    1. (1)火災、地震、洪水等の天災、戦争、動乱、騒乱等の事変、停電、労働争議、その他の非常事態が発生し、または発生する恐れがある場合。
    2. (2)弊社が指定するサーバーおよびソフトウェアの異常、故障、障害、その他本サービスを提供できない事由が発生した場合。
  2. 弊社は、本サービスの提供を中断または中止する場合、利用者は自らが適当と判断する方法で、事前にその旨を連絡するものとする。但し、緊急の場合は通知を行うことなく本サービス提供の中断または中止をすることが出来るものとする。
  3. 弊社は、本条に基づくサービスの中断に関して何らの責任も負わない。

第11条(免責事項)

  • 弊社は、本契約に明示して定められた義務以外、利用者に対していかなる保証をも行わず、いかなる義務も負わないものとし、本サーバーまたは本ソフトウェアの故障、瑕疵等に起因して、利用者に生じた直接または間接の損害について、弊社はその責任を負わないものとする。

第12条(利用者の報告義務)

  1. 利用者は、毎月5日までに前月のアカウント数(既存アカウント数に新規アカウント数を加えたもの)の総計およびメールアドレス数の総計を、弊社が定める様式の書面または電磁的媒体によって弊社に報告しなければならない。
  2. 弊社は、アカウント数およびメールアドレス数の管理のため、常に本サーバーにアクセスする権限を有するものとし、利用者は随時当該アクセスを許諾しなければならない。
  3. 利用者は、本条に違反し、または弊社の定める利用条件に違反した場合、各違反につき、第5条2項に定める月額費用の10倍の違約金を弊社に対して支払わなければならない。

第13条(契約期間)

  • 本契約の有効期間は利用開始日より3ヶ月間とし、期間満了日の1ヶ月前までに契約当事者の一方が本契約の更新拒絶の意思表示をしない場合は自動的に1ヶ月間同条件にて更新されるものとする。

第14条(契約の解約)

  1. 各当事者は、1ヶ月前までに書面により相手方当事者に通告することにより、または第5条1項に定める利用料金の1ケ月分を支払うことにより即時に、本契約を解約することができる。
  2. 一方当事者が本契約に違反し、または契約上の義務を怠った場合には、他方当事者は違反当事者に対し、その履行または是正を催告し、違反当事者が催告受領後1週間以内にその履行または是正をしない場合には本契約を解除することができる。
  3. 一方当事者に以下の各号のいずれかに該当する事由が生じた場合、他方当事者は本契約を催告なしに直ちに解約できるものとする。
    1. (1)支払日までに初期費用、利用料金または本サーバーに関する費用の支払いが行われなかった場合。
    2. (2)利用者が第12条1項に定める報告を怠り、もしくは虚偽の報告をした場合または第12条2項に定める弊社のアクセスをさせなかった場合。
    3. (3)支払停止または支払不能となった場合。
    4. (4)手形または小切手が不渡りとなった場合。
    5. (5)銀行取引停止処分を受けた場合。
    6. (6)差押え、強制執行、保全処分がなされた場合または公租公課の滞納処分を受けた場合。
    7. (7)破産、会社更生、民事再生手続の開始の申立てがなされた場合または信用状態に重大な不安が生じた場合。
    8. (8)解散の決議をした場合または事業の全部若しくは重要な一部を停止した場合。
    9. (9)監督官庁による営業許可の取消または営業停止等の処分がなされた場合。

第15条(契約終了後の措置)

  • 本契約が終了した場合、利用者は直ちに本ソフトウェアの利用を停止し、利用者に本ソフトウェアの利用を停止させるとともに、本ソフトウェアに関連するデータを削除し、物理的に返還可能なものを弊社に返還しなければならない。

第16条(不可抗力)

  • 天災地変、電気・通信環境異常その他の不可抗力により、弊社が本契約に基づく弊社の債務を履行できなかった場合、弊社は当該不履行に基づく一切の責任につき免責されるものとする。

第17条(損害賠償)

  1. 利用者または弊社は、相手方が本契約の義務に違反したことにより損害を被った場合は、その損害の賠償を請求できるものとする。ただし、その損害は如何なる場合にも無違反当事者に直接且つ現実に発生した損害に限定され、その他の損害(派生的損害、逸失利益、特別損害、間接損害または付随的損害を含む。)に関してはいずれの当事者も賠償責任を負わないものとする。
  2. 弊社の賠償責任は、いかなる場合においても、契約責任であるか不法行為その他の責任であるかを問わず、利用者が現実に支払った第5条1項に定める利用料金の3か月分を上限とする。

第18条(譲渡禁止)

  • 各当事者は、相手方当事者の書面による事前承諾がない限り、本契約上の地位または権利義務を第三者に譲渡または担保設定してはならない。

第19条(機密の保持)

  1. 利用者および弊社は、本契約に関して知り得た相手方の営業、技術、その他一切の情報(以下「秘密情報」という。)を第三者に漏洩してはならないものとする。但し、以下の各号記載の情報は秘密情報に含まれないものとする。
    1. (1)開示の時点で、既に公知の情報
    2. (2)開示の後、開示を受けた側の責によらず、公知となった情報
    3. (3)開示の時点で、開示を受けた側が既に適法に有していた情報
    4. (4)開示の後、開示を受けた側が適法な権限を有する第三者から適法に取得した情報
    5. (5)開示を受けた側が、開示された情報に関わらず、独自に開発・創作した情報
  2. 法令により開示する義務のある情報については、必要とされる範囲内でこれを開示する。その場合、開示する秘密情報、開示が必要とされる具体的理由及び開示先を速やかに相手方に通知する。

第20条(協議)

  • 本契約に定めていない事項、および疑義の生じた事項に関しては当事者間で誠実に協議のうえ、円満に解決するものとする。

第21条(本契約の変更)

  • 本契約の変更については、両当事者の書面による同意を必要とする。

第22条(その他)

  1. 本契約に関する一切の紛争については、東京地方裁判所を専属的な管轄裁判所とする。
  2. 本契約の成立、効力、履行および解釈については日本法を準拠法とする。
  3. 本契約のいずれかの部分が無効とされる場合であっても、当該条項は法令で有効と認められる限度で有効に存続するものとする。